林内閣

   

歴代33代目となる林銑十郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1937年(昭和12年)2月2日~1937年(昭和12年)6月4日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 林銑十郎
外務大臣 昭和12年2月2日~昭和12年3月3日 林銑十郎(兼)
昭和12年3月3日~昭和12年6月4日 佐藤尚武
内務大臣 河原田稼吉
大蔵大臣 結城豊太郎
陸軍大臣 昭和12年2月2日~昭和12年2月9日 中村孝太郎
昭和12年2月9日~昭和12年6月4日 杉山元
海軍大臣 米内光政
司法大臣 塩野季彦
文部大臣 林銑十郎(兼)
農林大臣 山崎達之輔
商工大臣 伍堂卓雄
逓信大臣 昭和12年2月2日~昭和12年2月10日 山崎達之輔(兼)
昭和12年2月10日~昭和12年6月4日 兒玉秀雄
鉄道大臣 伍堂卓雄(兼)
拓務大臣 結城豊太郎(兼)
内閣書記官長 大橋八郎
法制局長官 川越丈雄
(注)(兼)は兼任、(臨兼)は臨時兼務を示している。


参考

favicon-web首相官邸「内閣制度と歴代内閣

※他の内閣については「歴代内閣」を参照のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました