フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


上杉謙信

上杉謙信

  うえすぎけんしん
別名:虎千代(幼名)、長尾景虎、上杉政虎、上杉輝虎
1530年2月18日(享禄3年1月21日)~1578年4月19日(天正6年3月13日)

戦国時代に、越後を治めた武将・大名



概要

 戦国時代の越後国(現在の新潟県)の武将。
 守護代・長尾為景の4男として生まれ、長尾家の内紛の中、兄・晴景の家督を譲り受ける形で守護代となり、更に守護の上杉定実の死去とともに、越後の守護となり、越後の統一を果たす。
 その後、武田信玄や北条氏康に攻められ、落ち延びてきた村上義清や上杉憲政などに頼られ、北信濃を巡り武田信玄と争い、関東では北条氏康と幾度も合戦を繰り返す。
 北信濃や関東が武田家・北条家のものとなると、越中・加賀・能登へ進出し、一向一揆や織田家と合戦を行うが、1578年(天正6年)に春日山城で死去する。


年表

上杉謙信に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1530年
(享禄3年)
1歳 越後守護代・長尾為景の四男 虎千代として春日山城に生まれる。
1536年
(天文5年)
7歳 父・為景は隠居し、兄・晴景が家督を継ぐ。
1543年
(天文12年)
14歳 元服し、長尾景虎と名乗る。
1544年
(天文13年)
15歳 栃尾城の戦い
1545年
(天文14年)
16歳 上杉家家臣の黒田秀忠が謀反を起こすが、黒滝城の戦いで黒田秀忠を降伏させる。
1546年
(天文15年)
17歳 黒田秀忠が再び謀反を起こし、黒田家を滅ぼす。
1548年
(天文17年)
19歳 守護・上杉定実の調停により、兄・晴景が景虎を養子とし家督を譲り、隠退する(長尾景虎が守護代となる)
1550年
(天文19年)
21歳 守護の上杉定実が死去し、将軍・足利義輝が長尾景虎を越後国主と認める
12月 坂戸城主の長尾政景が反旗を翻す。
1551年
(天文20年)
22歳 1月 坂戸城の戦いで長尾政景を降伏させる(越後を統一)。
1552年
(天文21年)
23歳 1月 北条氏康に攻められ、逃亡してきた関東管領・上杉憲政を匿う
8月 平子孫三郎、本庄繁長を関東に派兵し、北条軍を撃退する
1553年
(天文22年)
24歳 8月 第1次川中島の戦い
9月 初めて上洛する。
1554年
(天文23年)
25歳 北条高広が謀反を起こす
1555年
(天文24年)
25歳 2月 北条城の戦いで、北条高弘の謀反を鎮圧する。
4月 第2次川中島の戦い
1556年
(弘治2年)
27歳 出家を宣言し、高野山に向かう。
家臣・大熊朝秀が反旗を翻し、天室光育、長尾政景などの説得で出家を断念。
駒帰の戦いで大熊朝秀を打ち破る
1557年
(弘治3年)
28歳 第3次川中島の戦い
1559年
(永禄2年)
30歳 再度、上洛する
1560年
(永禄3年)
31歳 3月 神保長職が椎名康胤を攻め、椎名康胤の要請により越中に侵攻し、富山城を落城させる。
5月 北条家討伐のため、関東へ進出する。
1561年
(永禄4年)
32歳 3月 小田原城の戦い(~4月)
閏3月 山内上杉家の家督と関東管領職を相続し、上杉政虎と名乗る
8月 第4次川中島の戦い
11月 生野山の戦い、唐沢山城の戦い
12月、将軍義輝の一字を賜り、輝虎と改める。
1562年
(永禄5年)
33歳 上野館林城主の赤井氏を滅ぼす
1564年
(永禄7年)
35歳 8月 第5次川中島の戦い
1565年
(永禄8年)
36歳 3月 第一次関宿合戦
1568年
(永禄11年)
39歳 3月 放生津の戦い
5月 家臣の本庄繁長が謀反を起こす(本庄繁長の乱)
11月 本庄繁長の謀反を鎮圧する
1569年
(永禄12年)
40歳 1月 第二次関宿合戦
3月 越相同盟
8月 松倉城の戦い
1570年
(元亀元年)
41歳 12月 「不識庵謙信」と称する。
1571年
(元亀2年)
42歳 2月 越中へ進出
1572年
(元亀3年)
43歳 1月 北条氏政が同盟を破棄する。
1576年
(天正4年)
47歳 9月 越中国に侵攻する。
11月 能登国に侵攻する。
1577年
(天正5年)
48歳 9月 手取川の戦い
1578年
(天正6年)
49歳 3月9日 春日山城で倒れる。
3月13日 死去


名言

上杉謙信による名言・至言です。

我は国を取るには構はず、後途の勝をも構はず、指掛かりたる一戦を返さぬを肝要とす

『名将言行録』

favicon-pencil

領土を拡大したり、後々の勝利ではなく、目の前の戦いに勝つことを大事にしている意味である。
武田信玄の戦法と対比し言った言葉で、軍神と言われた上杉謙信らしい言葉である。


今我出陣せば甲斐まで取るべし、然れども人の落目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり

『名将言行録』

favicon-pencil

武田勝頼が長篠の戦で敗北した際、家臣から武田家を攻めるように言われたときの言葉である。義の人・上杉謙信らしい言葉。


われ毘沙門を百度拝せば、毘沙門もわれを五十度か、三十度拝せらるべし。

『名将言行録』

favicon-pencil

私が毘沙門を百回拝めば、毘沙門も私を五十回とか三十回拝んでいるという意味である。
上杉謙信の信仰心の厚さを表している言葉であるが、この言葉の前には「我あればこそ毘沙門も用ひらるべけれ。我なくば毘沙門もありはせじ」とも言っている。


吾は義経に武邊を習へり。人々は平家を昔物語に聞きし故、身の用に立たず、吾は義経の武邊の所を身に当てヽ聞き、身に比ぶるなり

『名将言行録』

favicon-pencil

上杉謙信が源義経の戦術を学んでいたことを示すとともに、歴史を単なる歴史とせず、自らの腹に落とし、身とすることの重要性を示す言葉でもある。


文献

上杉謙信に関する文献・著書です。

favicon-book花ヶ前盛明「越後 上杉一族


小説

上杉謙信を主人公とした小説です。

favicon-book吉川英治「上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫)

favicon-book海音寺潮五郎「天と地と 上 (文春文庫)

favicon-book海音寺潮五郎「天と地と 中 (文春文庫)

favicon-book海音寺潮五郎「天と地と 下 (文春文庫)

favicon-book津本陽「武神の階 (角川文庫)


映画

上杉謙信を主人公とした映画です。

favicon-movie榎木孝明主演「天と地と 天の盤 [DVD]

favicon-movie榎木孝明主演「天と地と -HEAVEN & EARTH- 地の盤 [DVD]


ゆかりの地・施設

上杉謙信に関する施設・ゆかりの地です。

名称 住所 備考
春日山神社 新潟県上越市大豆1743 春日山城址
春日山城史跡広場・春日山城跡ものがたり館 新潟県上越市大豆334
林泉寺 新潟県上越市中門前1丁目1−1
春日神社 新潟県上越市春日18 越後守護代上杉氏の氏神
八幡原史跡公園 長野県長野市小島田町1384 川中島古戦場
長野市立博物館 長野県長野市小島田町1414(八幡原史跡公園内)
上杉神社 米沢市丸の内一丁目
上杉家廟所 山形県米沢市御廟1丁目5−30


地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索


参考

favicon-book岡谷繁実「名将言行録 (2) (岩波文庫)

favicon-book本郷和人「名将の言葉  ─武人の生き様と美学





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告