フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


山田方谷

山田方谷

  やまだほうこく
別名:阿璘(ありん)(幼名)、山田安五郎(通称)、山田琳卿、、山田球(諱)
1805年3月21日(文化2年2月21日)~ 1877年(明治10年)6月26日

幕末に備中松山藩の藩財政を立て直した藩士



年表

1805年(文化2年)(1歳)

2月21日 備中松山領阿賀郡西方村で、農業をしている五郎吉の長男として、生まれる

備中松山領阿賀郡西方村(現・高梁市中井町西方)に父・五郎吉、母・梶の長男として生れる。


1809年(文化6年)(5歳)

新見藩儒・丸川松隠の門に入る。


1818年(文政元年)(14歳)

この年、母・梶死去(享年40歳)

父は、近と再婚する


1819年(文政2年)(15歳)

この年、父・五郎吉死去

家業を継ぐ


1825年(文政8年)(21歳)

備中松山藩主・板倉勝職から二人扶持を賜り、学問所での修行を許される


1827年(文政10年)(23歳)

春 京都へ遊学し、丸川松隠の旧知である寺島白鹿に学ぶ

年末に帰郷


1829年(文政12年)(25歳)

この年、再び京都へ遊学し、寺島白鹿に学ぶ

帰郷後、八人扶持を賜り、中小姓格に上り、藩校有終館・会頭を命じられる。


1831年(天保2年)(27歳)

この年、二年間の遊学が許され、京都へ遊学

鈴木遺音の門に出入りし、春日潜庵らと交わる。

8月4日 師・丸川松隠死去(享年74歳)


1833年(天保4年)(29歳)

12月 三年間の遊学が許され、江戸へ遊学


1834年(天保5年)(30歳)

1月 江戸で佐藤一斎の門下として学ぶ

三年間従学し、塾頭となる。


1836年(天保7年)(32歳)

9月 藩主・勝職の帰城に従い、帰藩
10月 有終館・学頭を命じられる

また、城下御前丁(現:高梁市御前町)に邸宅を賜る。


1838年(天保9年)(34歳)

この年、有終館・学頭の傍ら、家塾牛麓舎を城下御前丁の邸宅に開く


1839年(天保10年)(35歳)

この年、備中松山城下で火災がおこり、有終館が二度目の類焼

方谷の尽力で再建


1847年(弘化4年)(43歳)

4月 この年、三島中洲を伴い、津山藩に行き、津山藩士・天野直人に洋式の大砲及び銃陣について学ぶ

軍制改革の端緒とする。
また、庭瀬藩老・渡邊信義に火砲技術を学ぶ。


1849年(嘉永2年)(45歳)

4月 勝静が藩主となる
12月 元締役を命じられ、吟味役を兼務


1850年(嘉永3年)(46歳)

この年より、上下節約・負債整理・産業振興・紙幣刷新・士民撫育・文武奨励を掲げ、藩政改革を進める。


1851年(嘉永4年)(47歳)

6月 藩主・勝静が奏者番を命じられる


1852年(嘉永5年)(48歳)

この年、郡奉行を兼務

民政改善に努め、松山に撫育所、江戸に産物方を設置する。
また、藩札の半数以上を買収し、近似村河原で焼却し、新藩札「永銭」を発行する。
農兵、銃陣を編成する。


1856年(安政3年)(52歳)

この年、年寄役助勤につく

藩政に参与


1857年(安政4年)(53歳)

この年、元締役をやめる

後任は大石隼雄

8月 藩主・勝静が寺社奉行を兼務


1858年(安政5年)(54歳)

9月 安政の大獄
10月25日 徳川家茂が14代将軍となる
11月 備中松山城外の要地に在宅をすすめ、土着志願をつのる


1859年(安政6年)(55歳)

2月 藩主・勝静が寺社奉行を罷免
4月 西方村長瀬(現:岡山県高梁市中井町)に移住する
7月 越後長岡藩士・河井継之助が来遊する

翌年3月に河井継之助は帰郷


1860年(万延元年)(56歳)

3月 桜田門外の変
10月 大石隼雄元締役をやめ、方谷が再び元締役を兼務


1861年(文久元年)(57歳)

2月1日 藩主・勝静が、再び奏者番兼寺社奉行に任じられる

このとき、顧問として方谷は江戸に向かう

5月 病のため、帰藩

元締役をやめ、御勝手掛を命じられる。


1862年(文久2年)(58歳)

1月15日 坂下門外の変
3月15日 藩主・勝静が老中に補され、外国事務を担当

再び方谷を顧問として江戸に召し出す。
米製の洋式帆船「快風丸」を横浜で購入する。

11月 方谷、将軍・徳川家茂に謁見
12月 隠居を許され、家督を譲る

ただ、年寄役に準じ、大事のときは参与することを命じられ、隠居扶持を賜わる。
しばらく江戸に滞在。


1863年(文久3年)(59歳)

3月4日 将軍・徳川家茂が上洛し、勝静も随う
4月 一度帰藩し、再び京都に召し出される
5月30日 京都に行くが入京は阻止され、免職
6月13日 将軍・徳川家茂は江戸へ帰り、勝静も同行
6月 方谷は許されて、帰藩する

このとき、藩主・勝静が将軍家から拝領した袴を下賜される


1864年(元治元年)(60歳)

この年、長瀬対岸の瑞山(水山)を開墾し、草庵を構える
6月18日 藩主・勝静が、老中を罷免される
7月 第一次長州征討

勝静は山陽道先鋒を命じられ、方谷は留守の兵権を預かり、頼久寺に入り、郷兵を部署に配置する。


1865年(慶応元年)(61歳)

5月12日 第二次長州征討
10月22日 勝静が老中に就任


1866年(慶応2年)(62歳)

4月 倉敷浅尾騒動

方谷は、一隊を率いて野山口(現:加賀郡吉備中央町)を守る

7月20日 将軍・徳川家茂が大坂城で没する

方谷、勝静の諮問に応じ、長州藩存置の三策を献じる。

8月21日 征長停止の沙汰書が出される
12月5日 徳川慶喜が、15代将軍となる


1867年(慶応3年)(63歳)

6月 方谷、京阪の地に赴き、勝静を補佐
8月 帰藩を許され、勝静から短刀を賜わる
10月15日 大政奉還


1868年(慶応4年/明治元年)(64歳)

1月 戊申戦争始まる

勝静は、その後、江戸、日光、奥州を経て箱館へ行く

1月18日 備中松山城を鎮撫使(岡山藩)に開城


1869年(明治2年)(65歳)

5月 勝静が江戸で自訴

1872年(明治5年)に許される。

9月 高梁藩2万石で再興

藩主は板倉勝弼


1870年(明治3年)(66歳)

10月 長瀬から小阪部(現:阿哲郡大佐町)へ移り、子弟教育にあたる


1871年(明治4年)(67歳)

7月14日 廃藩置県

高梁藩は、高梁県となる

8月 明親館(現:真庭市真鍋)で開校に臨み『大学』を講義


1872年(明治5年)(68歳)

11月 金剛寺に方谷庵(現:新見市大佐小阪部)を営む


1873年(明治6年)(69歳)

2月 臥牛亭の移築を行う

当初は、蓮華寺境内で、後に八重籬神社境内

2月 はじめて閑谷精舎に赴き、子弟教育
12月 知本館(現:久米郡美咲町大戸)に赴き、『大学』を講義する。

後に、閑谷からの帰途に赴くことを約束する。


1874年(明治7年)(70歳)

12月 温知館(現:久米郡美咲町行信)で開校に臨み『論語』を講義


1875年(明治8年)(71歳)

4月 高梁で勝静と対面

長瀬で勝静は3泊する


1877年(明治10年)(73歳)

6月26日 小阪部で死去(享年73歳)

枕元には勝静から賜った短刀・小銃と王陽明全集が置かれた。

6月29日 西方村に葬られる(現:方谷園内)


名言

山田方谷による名言・至言です。

事の外に立ちて、事の内に屈せず

「理財論」

favicon-pencil

木を見て森を見ずではないが、天下をうまく治める者は、目先・細かいことにとらわれず、大局的な見地から物事を見通しているという意味である。

義を明らかにして利を計らない

「理財論」

favicon-pencil

義とは政道を整備して政令を明確にすることで、利とは飢餓と死を免れようとすること。
目の前の飢餓と死を免れようとするのではなく、政道を整備して政令を明確にすることでおのずと飢餓と死を免れることができるという意味。

至誠惻怛(しせいそくだつ)

favicon-pencil

河井継之助へ『王陽明全集』と共に贈った文など、いくつかで見られる言葉で、誠意を尽くし人を思いやる心という意味である。

誠心より出ずれば、敢えて多言を用いず

河井継之助『塵壺』

favicon-pencil

河井継之助の『塵壺』には、山田方谷から河井継之助が教わったことが書かれている。

友に求めて足らざれば天下に求む 天下に求めて足らざれば古人に求めよ

河井継之助『塵壺』


ゆかりの地・施設

山田方谷に関する施設・ゆかりの地です。

資料館

山田方谷に関する記念館や資料展示室などがある。

favicon-museum山田方谷記念館(岡山県新見市大佐小南323-3)

favicon-museum方谷の里ふれあいセンター(岡山県高梁市中井町西方3158)

favicon-house閑谷学校(岡山県備前市閑谷784)


方谷園

園内には、三島中州撰文の方谷園記念碑、山田方谷の墓、山田家歴代の墓などがある。

favicon-tomb方谷園(岡山県高梁市中井町西方)


邸宅

山田方谷が隠棲の後に立てた小庵が、金剛寺境内にある。

favicon-house方谷庵(岡山県新見市大佐小南281)


高梁市郷土資料館の前に山田方谷像が立っている。
favicon-statue山田方谷像(岡山県高梁市向町21)


地図

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索


参考

favicon-book山田方谷に学ぶ会『入門 山田方谷―至誠の人

favicon-web高梁市「山田方谷について





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告