直木賞

人物

野坂昭如

小説『アメリカひじき』『火垂るの墓』などを著すと共に、童謡『おもちゃのチャチャチャ』の作詞・タレント活動・政治活動など、様々な分野で活躍した小説家である「野坂昭如」のページです。
人物

南條範夫

『子守の殿』『燈台鬼』『無明逆流れ』など、残酷ものや剣豪小説などを多く著した小説家・経済学者である南條範夫のページです。
人物

山本文緒

『プレミアム・プールの日々』『恋愛中毒』『プラナリア』などを著した小説家である山本文緒のページです。
人物

川口松太郎

直木賞の第1回受賞者で、『愛染かつら』『鶴八鶴次郎』など大衆小説を著し、人気を博した小説家である川口松太郎のページです。
人物

井上ひさし

放送作家として『ひょっこりひょうたん島』などを手掛け、小説『ドン松五郎の生活』『吉里吉里人』などを著した小説家である井上ひさしのページです。
人物

海音寺潮五郎

『天と地と』『西郷隆盛』『平将門』などを著した歴史小説家である海音寺潮五郎のページです。
制度

直木三十五賞

概要  直木三十五賞(直木賞)は、新進・中堅作家によるエンターテインメント性の高い小説に贈られる賞です。 一覧 11935年上半期川口松太郎『鶴八鶴次郎・風流深川唄 その他』 21935年下半期鷲尾雨工『吉野朝太平記』 3...
人物

景山民夫

数多くの番組を手がけると共に、『遠い海から来たCOO』で直木賞を受賞した放送作家・小説家である景山民夫のページです。
人物

青島幸男

作家としては『人間万事塞翁が丙午』で直木賞受賞、役者ではテレビドラマ『意地悪ばあさん』などで活躍し、政治家としては参議院議員・東京都知事を務め、様々な分野で活躍した人物である青島幸男のページです。
人物

新田次郎

『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』『武田信玄』などを著した小説家である新田次郎のページです。
タイトルとURLをコピーしました