芥川龍之介賞

人物

中里恒子

『乗合馬車』『日光室』『歌枕』『時雨の記』などを著し、女性で初めて芥川賞を受賞した小説家である「中里恒子」のページです。
人物

遠藤周作

「第三の新人」の1人であり、小説『白い人』『海と毒薬』『沈黙』などや「狐狸庵」シリーズなどのエッセイを著した小説家である遠藤周作のページです。
人物

安倍公房

『砂の女』『壁 - S・カルマ氏の犯罪』『箱男』『方舟さくら丸』などを著し、ノーベル文学賞の有力候補と目された小説家である安倍公房のページです。
人物

開高健

『パニック』『裸の王様』『オーパ!』『輝ける闇』などを著した小説家である開高健のページです。
制度

芥川龍之介賞

概要  芥川龍之介賞(芥川賞)は、新進作家による純文学の中から、最も優秀な作品に贈られる賞です。 一覧 21935年下半期受賞作なし 31936年上半期小田嶽夫『城外』、鶴田知也『コシャマイン記』 41936年下半期石川淳...
人物

高橋三千綱

『九月の空』『さすらいの甲子園』『天使を誘惑』などを著した小説家である高橋三千綱のページです。
人物

井上靖

『天平の甍』『敦煌』『おろしや国酔夢譚』などを著した小説家である井上靖のページです。
人物

火野葦平

小説『麦と兵隊』などの戦争文学を著した作家である火野葦平のページです。
タイトルとURLをコピーしました