芥川龍之介賞

人物

丸谷才一

『笹まくら』『女ざかり』『裏声で歌へ君が代』などを著した小説家・随筆家・評論家である「丸谷才一」のページです。
人物

八木義徳

小説『劉広福』『母子鎮魂』『私のソーニャ』などを著した芥川賞作家である「八木義徳」のページです。
人物

中上健次

戦後生まれで初めての芥川賞作家で、『岬』『枯木灘』『千年の愉楽』など著した小説家である「中上健次」のページです。
人物

三浦哲郎(1931年生)

『忍ぶ川』『拳銃と十五の短編』『おろおろ草紙』などを著した小説家である「三浦哲郎」のページです。
人物

河野多惠子

マゾヒズム・異常性愛などを主題とし、『蟹』『最後の時』『一年の牧歌』などを著した小説家である「河野多惠子」のページです。
人物

寒川光太郎

戦前に『密猟者』で芥川賞を受賞し、戦後は大衆小説に転じた小説家である「寒川光太郎」のページです。
人物

中山義秀

『厚物咲』『碑』などを著し、後年は時代小説を多く著した昭和の小説家である「中山義秀」のページです。
人物

西村賢太

小説『苦役列車』『暗渠の宿』『芝公園六角堂跡』などを著した小説家である「西村賢太」のページです。
人物

石原慎太郎

芥川賞を受賞した『太陽の季節』などを著すと共に、環境庁長官・運輸大臣・東京都知事などを務めた政治家・作家である「石原慎太郎」のページです。
人物

新井満

小説『尋ね人の時間』『ヴェクサシオン』などを著すと共に、『千の風になって』の訳詞・作曲なども行った芥川賞作家である「新井満」のページです。
タイトルとURLをコピーしました