小説家

人物

森鴎外

陸軍軍医総監として軍医のトップに立つとともに、『舞姫』『ヰタ・セクスアリス』『高瀬舟』などの作品を残した明治時代を代表する作家の1人である「森鴎外」のページです。
人物

中上健次

戦後生まれで初めての芥川賞作家で、『岬』『枯木灘』『千年の愉楽』など著した小説家である「中上健次」のページです。
人物

古川薫

『漂泊者のアリア』『ジープの家』『塞翁の虹』などを著した小説家である「古川薫」のページです。
人物

林房雄

戦前はプロレタリア作家として活動し、戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』『大東亜戦争肯定論』などを著した作家である「林房雄」のページです。
人物

石野径一郎

戦後に『ひめゆりの塔』『沖縄の民』『残波岬の決闘』などを著した小説家である「石野径一郎」のページです。
人物

三浦哲郎(1931年生)

『忍ぶ川』『拳銃と十五の短編』『おろおろ草紙』などを著した小説家である「三浦哲郎」のページです。
人物

高木彬光

『能面殺人事件』『わが一高時代の犯罪』などを著し、「探偵・神津恭介シリーズ」などで人気を博した推理小説家である「高木彬光」のページです。
人物

石坂洋次郎

戦後に、『青い山脈』『陽のあたる坂道』などを著し、青春物で国民的な人気を博した小説家である「石坂洋次郎」のページです。
人物

氷室冴子

コバルト文庫を代表する看板作家で、1980年代、少女小説ブームの立役者として活躍した小説家である「氷室冴子」のページです。
人物

河野多惠子

マゾヒズム・異常性愛などを主題とし、『蟹』『最後の時』『一年の牧歌』などを著した小説家である「河野多惠子」のページです。
タイトルとURLをコピーしました