武将

人物

武田元明

若狭国を治めていたが、朝倉氏・織田氏の支配下に入り、最後は山崎の戦いで明智光秀に与し、自害した守護大名である「武田元明」のページです。
人物

六角高頼

応仁の乱後、公家・寺社領の押領を行、幕府の追討を受け、その後、家臣の伊庭貞隆との抗争に明け暮れた守護大名である「六角高頼」のページです。
人物

北条氏直

北条氏政の子で、小田原征伐の後、豊臣秀吉に赦免され、大坂などの所領を与えられた後北条氏の第5代当主である「北条氏直」のページです。
人物

穴山信君

親族衆として武田信玄・武田勝頼に仕えていたが、甲州征伐ではいち早く離反した戦国武将である「穴山信君」のページです。
人物

名越朝時

北条義時の次男で、女性問題で源実朝の勘気に触れるが、その後。和田合戦や承久の乱で活躍した武将である「名越朝時」のページです。
人物

朝比奈信置

今川家・武田家に仕え、駿河先方衆筆頭として武田家で重用されたが、甲州征伐で降伏・自害した戦国武将である「朝比奈信置」のページです。
人物

小笠原信興

高天神城主で、今川家・徳川家に仕えていたが、第一次高天神城の戦いで降伏し、武田家に仕えた戦国武将である「小笠原信興」のページです。
人物

大須賀康高

徳川家康に仕え、横須賀城主として武田家と戦い、小牧・長久手の戦いなどでも武功を挙げた戦国武将である「大須賀康高」のページです。
人物

木下家定

高台院の兄ということで出世し、姫路城主などを務めるが、関ヶ原の戦いの後、備中国足守藩主となった戦国大名である「木下家定」のページです。
人物

本多正純

徳川家康の側近として、老中や宇都宮藩主などを務め、権勢をふるうが、徳川秀忠が将軍になり疎まれ、改易された戦国大名である「本多正純」のページです。
タイトルとURLをコピーしました