北里柴三郎

概要

 北里 柴三郎は、ペスト菌の発見、破傷風の予防と治療法を開発し、日本の細菌学の父とも呼ばれる細菌学者です。

名 前北里 柴三郎 (きたざと しばさぶろう)
生没年1853年1月29日(嘉永5年12月20日)~1931年(昭和6年)6月13日)
出身地肥後国阿蘇郡小国郷北里村(現:熊本県阿蘇郡小国町)
時 代江戸明治大正昭和
備 考

投稿

 北里 柴三郎に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました