円山応挙

概要

 円山応挙は、「円山派」の祖であり、『雪松図屏風 』などを描いた江戸時代の絵師です。

名 前円山 応挙 (まるやま おうきょ)
別 名(旧字体)圓山應擧
性 別男性
生没年1733年6月12日(享保18年5月1日)~1795年8月31日(寛政7年7月17日)
出生地丹波国南桑田郡穴太村(現:京都府亀岡市曽我部町穴太)
没 地
時 代江戸
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 円山応挙に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました