中里恒子

概要

 中里 恒子は、『乗合馬車』『日光室』『歌枕』『時雨の記』などを著し、女性で初めて芥川賞を受賞した小説家です。

名 前中里 恒子 (なかざと つねこ)
生没年1909年(明治42年)12月23日~1987年(昭和62年)4月5日
出身地神奈川県
時 代明治大正昭和
備 考芥川龍之介賞



投稿

 中里 恒子に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました