小田野直武

概要

 小田野 直武は、平賀源内から洋画を学び、「秋田蘭画」の一派を形成するとともに、『解体新書』の図を描いた江戸時代中期の画家です。

名 前小田野 直武 (おだの なおたけ)
生没年1749年1月18日(寛延2年12月11日)~1780年6月19日(安永9年5月17日)
出身地出羽国角館裏町(現:秋田県仙北市角館町)
時 代江戸
備 考

投稿

 小田野 直武に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました