西郷従道

概要

 西郷 従道は、西郷隆盛の弟で「小西郷」と呼ばれ、維新後の明治政府で、内務大臣や海軍大臣などを務めた政治家です。

名 前西郷 従道 (さいごう つぐみち)
生没年1843年6月1日(天保14年5月4日)~1902年(明治35年)7月18日
出身地薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(現:鹿児島県鹿児島市加治屋町)
時 代明治大正昭和
父 親西郷吉兵衛
母 親
配偶者西郷清子
子 供(長男)西郷従理、(長女)楢原政子、(次男)西郷従徳、(三男)西郷豊彦、(四男)上村従義、(五男)西郷従親、(六男)西郷豊二、(七男)小松従志、(次女)平岡栄子、(三女)岩倉桜子、(四女)古河不二子
家 族
備 考

投稿

西郷 従道に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました