島地黙雷

概要

 島地 黙雷は、本願寺の改革の建白や、明治政府により国家神道が進められる中、仏教の復興などに尽力した浄土真宗の僧侶です。

名 前 島地 黙雷
読み方 しまじ もくらい
別 名
生没年 1838年3月10日(天保9年2月15日)~1911年(明治44年)2月3日
出身地 周防国佐波郡和田村(現:山口県周南市)
時 代 江戸, 明治, 令和
備 考

投稿

 島地 黙雷に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。
ログイン登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました