當山久三

概要

 當山 久三は、沖縄県で海外集団移民事業を主導し、「沖縄移民の父」と称される政治家・社会運動家です。

名 前當山 久三 (とうやま きゅうぞう)
生没年1868年12月22日(明治元年11月9日)~1910年(明治43年)9月17日
出身地琉球王国金武間切並里(現:沖縄県国頭郡金武町)
時 代昭和平成
備 考

投稿

 當山 久三に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました