山県大弐

概要

 山県 大弐は、小幡藩の内紛に巻き込まれ、明和事件で処刑された、江戸時代中期の儒学者・思想家です。

名 前山県 大弐
読み方やまがた だいに
生没年1725年(享保10年)~1767年9月14日(明和4年8月22日)
出身地甲斐国巨摩郡北山筋篠原村(現:山県甲斐市篠原)
時 代江戸
備 考

投稿

 山県 大弐に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。
ログイン登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました