冒険家

人物

松浦武四郎

江戸時代後期に、蝦夷地を探検、「北海道」という地名を命名し、アイヌ民族・アイヌ文化の研究なども行った探検家である「松浦武四郎」のページです。
人物

近藤重蔵

江戸時代に、間宮林蔵、平山行蔵と共に「文政の三蔵」と呼ばれ、何度も蝦夷地を調査・探検したが、鎗ヶ崎事件で大溝藩に配流された幕臣である「近藤重蔵」のページです。
人物

植村直己

世界初の五大陸最高峰登頂・単独北極圏到達などを成し遂げたが、マッキンリー下山中に消息不明となった登山家である「植村直己」のページです。
人物

間宮林蔵

「文政の三蔵」の1人であり、樺太が島である事を確認し、間宮海峡を発見した江戸時代後期の探検家である「間宮林蔵」のページです。
人物

松田伝十郎

間宮林蔵と共に樺太を探検し、樺太見聞の実測図を作成した江戸時代の幕臣・探検家である「松田伝十郎」のページです。
人物

加藤文太郎

単独行によって数々の記録を残し、小説『孤高の人』などのモデルにもなった大正・昭和に活躍した登山家である加藤文太郎のページです。
人物

白瀬矗

日本人で初めて南極探検を行った探検隊長・帝国陸軍軍人である白瀬矗のページです。
タイトルとURLをコピーしました