松平定信

概要

 松平定信は、白河藩主として藩政の建て直しを行い、その功績から老中となり寛政の改革を行った江戸時代中期の幕臣です。

名 前松平 定信 (まつだいら さだのぶ)
別 名(幼名)徳川賢丸
性 別男性
生没年1759年1月25日(宝暦8年12月27日)~1829年6月14日(文政12年5月13日)
出生地江戸(現:東京都)
没 地
時 代江戸
父 親徳川宗武、(養父)松平定邦
母 親香詮院、(養母)近衛通子
配偶者(正室)松平定邦娘、(継室)隼姫、(側室)貞順院
子 供松平定永、真田幸貫、福姫、清昌院、保寿院、寿姫、蓁、松平輝健正室、(養女)松平信志正室、宝琳院
家 族
備 考

投稿

 松平定信に関する投稿です。

トップページ フォーラム 松平定信

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました