小笠原忠真

概要

 小笠原 忠真は、小笠原秀政の子で松本藩主を継承し、その信から、西国の押さえとして、明石藩主・小倉藩主となった人物です。

名 前小笠原 忠真 (おがさわら ただまさ)
生没年1596年3月26日(慶長元年2月28日)~1667年12月3日(寛文7年10月18日)
出生地下総国古河城(現:茨城県古河市)
没 地
時 代安土江戸
父 親小笠原秀政
母 親登久姫
配偶者(正室)円照院、(側室)那須藤
子 供坂牧忠増、小笠原長安、小笠原長宣、小笠原忠雄、小笠原長弘、小笠原真方 他、(養女)姫松、齢昭院
家 族
備 考

投稿

 小笠原 忠真に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました