大槻磐渓

概要

 大槻 磐渓は、大槻玄沢の次男で、幕末には開国論を唱え、奥羽越列藩同盟結成に関与し投獄された儒学者です。

名 前 大槻 磐渓
読み方 おおつき ばんけい
別 名
生没年 1801年6月25日(享和元年5月15日)~1878年(明治11年)6月13日
出身地 江戸木挽町(現:東京都中央区)
時 代 江戸, 明治
備 考

投稿

 大槻 磐渓に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。
ログイン登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました