杉浦健造

概要

 杉浦健造は、山県で流行した地方病(日本住血吸虫症)の研究を行い、その治療・撲滅に尽力した戦前の医師です。

名 前杉浦 健造 (すぎうら けんぞう)
性 別男性
生没年1866年9月18日(慶応2年8月10日)~1933年(昭和8年)8月15日
出生地甲斐国(現:山県)
没 地
時 代江戸明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 杉浦健造に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました