平将門
平将門

概要

 平将門は、平氏一族の抗争の中、国府を襲撃して印鑰を奪い、関東諸国を手中に収め、「新皇」を自称したが、藤原秀郷・平貞盛に討ち取られた平安時代の武将です。

名 前平 将門 (たいらのまさかど)
性 別男性
生没年不明~940年3月25日(天慶3年2月14日)
出生地不明
没 地石井(現:国王神社(茨城県坂東市岩井951))
時 代平安
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 平将門に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました