滝善三郎

概要

 滝善三郎は、幕末に、備前藩兵が欧米諸国公使らに水平射撃を加えた事件である「神戸事件」の責任をとり切腹した備前藩士です。

名 前滝 善三郎 (たき ぜんざぶろう)
性 別男性
生没年1837年(天保8年)~1868年3月2日(慶応4年2月9日)
出生地備前国津高郡金川村(現:岡山県岡山市北区)
没 地
時 代江戸
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 滝善三郎に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました