津田真道

概要

 津田 真道は、幕末に『泰西国法論』の出版、維新後に「明六社」の結成や『新律綱領』の編纂、陸軍刑法の作成などを行った人物です。

名 前津田 真道 (つだ まみち)
別 名(幼名)喜久治、(別名)津田真一郎、津田行彦
生没年1829年7月25日(文政12年6月25日)~1903年(明治36年)9月3日
出生地美作国津山藩上之町(現:岡山県津山市)
没 地
時 代江戸明治
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

津田 真道に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました