武士

人物

武田元明

若狭国を治めていたが、朝倉氏・織田氏の支配下に入り、最後は山崎の戦いで明智光秀に与し、自害した守護大名である「武田元明」のページです。
人物

佐竹義和

藩政改革を実施し、農業振興・殖産興業の推進、藩校明道館や郷校を設立し人材の育成を行うなどした江戸時代中期の秋田藩主である「佐竹義和」のページです。
人物

六角高頼

応仁の乱後、公家・寺社領の押領を行、幕府の追討を受け、その後、家臣の伊庭貞隆との抗争に明け暮れた守護大名である「六角高頼」のページです。
人物

箕作麟祥

明治時代初期に、フランスの諸法典を翻訳し、日本の近代的法制度の整備に大きな影響を与えた法学者・官僚・幕臣である「箕作麟祥」のページです。
人物

宗良親王

准勅撰和歌集『新葉和歌集』の撰者であり、南朝のため各地に転戦した後醍醐天皇の皇子である「宗良親王」のページです。
人物

北条氏直

北条氏政の子で、小田原征伐の後、豊臣秀吉に赦免され、大坂などの所領を与えられた後北条氏の第5代当主である「北条氏直」のページです。
人物

穴山信君

親族衆として武田信玄・武田勝頼に仕えていたが、甲州征伐ではいち早く離反した戦国武将である「穴山信君」のページです。
人物

名越朝時

北条義時の次男で、女性問題で源実朝の勘気に触れるが、その後。和田合戦や承久の乱で活躍した武将である「名越朝時」のページです。
人物

本多忠籌

幕政では松平定信による寛政の改革を助け、藩政では間引き禁止、小児の養育、郷蔵の設置などを行った陸奥国泉藩主である「本多忠籌」のページです。
人物

伊達宗城

宇和島藩主として藩政改革を行い、幕政では公武合体を進め、明治維新後は、日清修好条規に調印した人物である「伊達宗城」のページです。
タイトルとURLをコピーしました