足利政氏

概要

 足利 政氏は、古河公方として、両上杉氏和解し関東管領を中心とする東国の支配秩序の再建を図ろうとするが、息子2人と対立し、隠退した人物です。

名 前足利 政氏 (あしかが まさうじ)
生没年1462年2月6日(寛正3年1月7日)~1531年8月30日(享禄4年7月18日)
出身地不明
時 代室町戦国
父 親足利成氏
母 親伝心院
配偶者
子 供足利高氏、足利義明、足利基頼、貞岩昌永
家 族
備 考

略年表

 足利 政氏の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1466年(寛正7年/文正元年)1歳生誕
1496年(明応5年)31歳柏原合戦
1497年(明応6年)32歳家督を継ぎ、古河公方就任
1504年(文亀4年/永正元年)39歳立河原の戦い
1505年(永正2年)40歳山内上杉家・扇谷上杉家と和解
1506年(永正3年)41歳嫡子・足利高基と対立
1517年(永正14年)52歳次男・足利義明が小弓城を奪取
1519年(永正16年)54歳武蔵国久喜に引退
1531年(享禄4年)66歳死去

投稿

 足利 政氏に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました