伊達稙宗

概要

 伊達 稙宗は、最上氏・葛西氏・岩城氏と抗争、領土を拡大し、陸奥守護に補任されるが、天文の乱で伊達氏を弱体化させた戦国大名です。

名 前伊達 稙宗 (だて たねむね)
生没年1488年(長享2年)~1565年7月16日(永禄8年6月19日)
出身地不明
時 代戦国
父 親伊達尚宗
母 親積翠院
配偶者泰心院、中条定資娘、亘理宗隆娘 他
子 供屋形御前、蘆名盛氏正室、伊達晴宗、 大崎義宣、伊達実元、二階堂照行室、 田村隆顕室、伊達宗澄、懸田俊宗室、 桑折宗貞、葛西晴清、梁川宗清、 村田宗殖、極楽院宗栄、亘理綱宗、 亘理元宗、大有康甫、越河御前 他
家 族
備 考

略年表

 伊達 稙宗の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1488年(長享2年)1歳生誕
1514年(永正11年)27歳家督継承
1522年(大永2年)35歳陸奥国守護に補任
1532年(享禄5年/天文元年)45歳居城を西山城に移す
1536年(天文5年)49歳分国法『塵芥集』を制定
1542年(天文11年)55歳天文の乱
1548年(天文17年)61歳嫡男・伊達晴宗と和睦し、隠居
1565年(永禄8年)78歳丸森城で病死

投稿

 伊達 稙宗に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました