藤原鎌足

概要

 藤原 鎌足は、中大兄皇子と乙巳の変を起こし、権力を握り、大化の改新を進めた奈良時代の公家・政治家です。

名 前藤原 鎌足 (ふじわらのかまたり)
別 名中臣鎌足
生没年614年(推古天皇22年)~669年11月14日(天智天皇8年10月16日)
出生地大和国高市郡藤原(現:奈良県橿原市)
没 地陶原館(現:中臣遺跡(京都府京都市山科区勧修寺東栖野町42))
時 代飛鳥奈良
父 親中臣御食子
母 親大伴智仙娘
配偶者鏡王女、車持与志古娘
子 供定恵、藤原不比等、氷上娘、五百重娘、耳面刀自、斗売娘
家 族
備 考

投稿

 藤原 鎌足に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました