藤原仲麻呂

概要

 藤原仲麻呂は、皇族以外で初めて太師に任じられ大きな権力を握ったが、光明皇太后の崩御し、孝謙上皇・道鏡が力を持つようになり、藤原仲麻呂の乱を起こした奈良時代の貴族です。

名 前藤原 仲麻呂 (ふじわらのなかまろ)
別 名(別名)恵美押勝
性 別男性
生没年706年(慶雲3年)~764年10月17日(天平宝字8年旧9月18日)
出生地不明
没 地勝野の鬼江(現:乙女ヶ池付近(滋賀県高島市勝野3061-1))
時 代飛鳥奈良
父 親藤原武智麻呂
母 親貞媛
配偶者藤原宇比良古、大伴犬養の娘、 陽候女王、奈賀岐娘
子 供藤原真従、藤原真先、藤原訓儒麻呂、藤原朝狩、藤原小湯麻呂、藤原刷雄、藤原薩雄 、藤原辛加知、藤原執棹、藤原真文、藤原徳一、藤原児従、藤原東子、藤原額
家 族
備 考

投稿

 藤原仲麻呂に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました