井上馨

概要

 井上 馨は、明治時代初期に、鹿鳴館の建設などの欧化政策を行い、不平等条約の改正に尽力した政治家・長州藩士です。

名 前井上 馨
読み方いのうえ かおる
生没年1836年1月16日(天保6年11月28日)~1915年(大正4年)9月1日
出身地周防国吉敷郡湯田村(現:山口県山口市湯田温泉)
時 代江戸明治大正
配偶者井上武子
子 供藤田聞子、井上千代子、(養子)井上勝之助、山田龍子、都筑光子、桂可那子
備 考

投稿

井上 馨に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました