快川紹喜

概要

 快川 紹喜は、織田氏による焼討ちの中、「心頭滅却すれば火もまた涼し」との言葉を残した、戦国時代の臨済宗・恵林寺の僧です。

名 前快川 紹喜 (かいせん じょうき)
生没年1502年(文亀2年)~1582年4月25日(天正10年4月3日)
出身地美濃国(現:岐阜県)
時 代戦国安土
備 考

投稿

快川 紹喜に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました