小堀遠州

概要

 小堀 遠州は、豊臣家・徳川家に仕え、多くの幕府・朝廷の建築・室・庭園の作事に関わり、遠州流道の開祖になるなどした備中松山城主・小室藩初代藩主です。

名 前小堀 遠州 (こぼり えんしゅう)
別 名小堀政一
生没年1579年(天正7年)~1647年3月12日(正保4年2月6日)
出身地近江国坂田郡小堀村(現:滋賀県長浜市)
時 代安土江戸
父 親小堀正次
母 親磯野員昌
配偶者藤堂高虎養女、三沢局
子 供小堀正之、小堀政尹、小堀政孝、小堀政貞、多羅尾光忠、 平岡頼資正室、池田重政正室、平井某室、下間某室、小堀正憲室 他
家 族
備 考

投稿

 小堀 遠州に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました