児玉幸多

概要

 児玉 幸多は、「日本近世農村・交通史の泰斗」と呼ばれ、昭和天皇や明仁上皇などに講義も行った歴史学者です。

名 前児玉 幸多 (こだま こうた)
生没年1909年(明治42年)12月8日~2007年(平成19年)7月4日
出生地長野県更級郡稲荷山町(現:長野県千曲市稲荷山)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

 児玉 幸多に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました