間宮林蔵

概要

 間宮 林蔵は、「文政の三蔵」の1人であり、樺太が島である事を確認し、間宮海峡を発見した江戸時代後期の探検家です。

名 前間宮 林蔵 (まみや りんぞう)
生没年1780年(安永9年)~1844年4月13日(天保15年2月26日)
出身地常陸国筑波郡上平柳村(現:茨城県つくばみらい市)
時 代江戸
備 考

投稿

 間宮 林蔵に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました