大橋訥庵

概要

 大橋 訥庵は、公武合体論による皇女和宮の降嫁に反対するなどし、坂下門外の変を計画したとされる幕末の儒学者です。

名 前大橋 訥庵 (おおはし とつあん)
生没年1816年(文化13年)~1862年8月7日(文久2年7月12日)
出身地江戸(現:東京都)
時 代江戸
備 考

投稿

 大橋 訥庵に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました