杉田玄白

概要

 杉田 玄白は、江戸時代中期に、『ターヘル・アナトミア』の翻訳書『解体新書』や回想録『蘭学事始』を著した蘭学医です。

名 前杉田 玄白 (すぎた げんぱく)
生没年1733年10月20日(享保18年9月13日)~1817年6月1日(文化14年4月17日)
出身地江戸牛込(現:東京都新宿区)
時 代江戸
備 考

投稿

 杉田 玄白に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました