令制国

スポンサーリンク

概要

 令制国とは、律令制に基づいて設置された地方行政区分である。
 地方の名称を呼ぶにあたっては、飛鳥時代から明治時代の廃藩置県まで、この令制国の名称が用いられてきた。


令制国


一覧

五畿七道 令制国 読み 州名 現在の
都道府県
備考
畿内 山城国 やましろ 山州、城州、雍州 京都府
大和国 やまと 和州 奈良県
河内国 かわち 河州 大阪府
和泉国 いずみ 泉州 大阪府 716年(霊亀2年)に河内国より分立するが、740年(天平12年)に河内国に併合。757年(平宝字元年)に再分立。
摂津国 せっつ 摂州 大阪府
東海道 伊賀国 いが 伊州 三重県
伊勢国 いせ 勢州 三重県
志摩国 しま 志州 三重県 8世紀初めまでに伊勢国より分立
尾張国 おわり 尾州 愛知県
三河国 みかわ 三州、参州 愛知県
遠江国 とおとうみ 遠州 静岡県
駿河国 するが 駿州 静岡県
伊豆国 いず 豆州 静岡県 680年(天武天皇9年)に駿河国より分立
甲斐国 かい 甲州
相模国 さがみ 相州 神奈川県
武蔵国 むさし 武州 東京都、埼玉県、神奈川県 771年(宝亀2年)に東山道から東海道に変更
安房国 あわ 房州、安州 千葉県 718年(養老2年)に上総国より分立するが、741年(天平13年)に上総国に併合され、757年(平宝字元年)に再分立
上総国 かずさ 総州 千葉県
下総国 しもふさ 総州 千葉県、茨城県、埼玉県、東京都
常陸国 ひたち 常州 茨城県
東山道 近江国 おうみ 江州 滋賀県
美濃国 みの 濃州 岐阜県
飛騨国 ひだ 飛州 岐阜県
信濃国 しなの 信州 長野県 721年(養老5年)に諏方国が信濃国より分立するが、731年(天平3年)に再統合
上野国 こうずけ 上州 群馬県
下野国 しもつけ 野州 栃木県
陸奥国 むつ 奥州/陸州 福島県、宮城県、青森県 陸奥国は7世紀に常陸国より分立。
718年(養老2年)に石背国・石城国が分立するが、数年後再統合される。
また、1869年(明治2年)には岩代国・磐城国・陸前国・陸中国・陸奥国に分割。
出羽国 でわ 羽州 秋田県、山形県 712年(和銅5年)に越後国から分立し、同年に陸奥国の最上・置賜両郡を出羽国に編入。
1869年(明治2年)に羽前国・羽後国に分割
北陸道 若狭国 わかさ 若州 福井県
越前国 えちぜん 越州 福井県
加賀国 かが 加州 石川県 823年(弘仁14年)に越前国より分立
能登国 のと 能州 石川県 718年(養老2年)に越前国より分立するが、741年(天平13年)に越中国に併合、その後757年(平宝字元年))に再分立
越中国 えっちゅう 越州 富山県
越後国 えちご 越州 新潟県
佐渡国 さど 佐州、渡州 新潟県 743年(天平15年)に越後国に併合されるが、752年(天平勝宝4年)に再分立
山陰道 丹波国 たんば 丹州 京都府、大阪府、兵庫県
丹後国 たんご 丹州 京都府 713年(和銅6年)に丹波国より分立
但馬国 たじま 但州 兵庫県
因幡国 いなば 因州 鳥取県
伯耆国 ほうき 伯州 鳥取県
出雲国 いずも 雲州 島根県
石見国 いわみ 石州 島根県
隠岐国 おき 隠州 島根県
山陽道 播磨国 はりま 播州 兵庫県
美作国 みまさか 作州 岡山県 713年(和銅6年)に備前国より分立
備前国 びぜん 備州 岡山県、兵庫県、香川県
備中国 びっちゅう 備州 岡山県
備後国 びんご 備州 広島県
安芸国 あき 芸州 広島県
周防国 すおう 防州 山口県
長門国 ながと 長州 山口県
南海道 紀伊国 きい 紀州 和歌山県
淡路国 あわじ 淡州 兵庫県
阿波国 あわ 阿州 徳島県
讃岐国 さぬき 讃州 香川県
伊予国 いよ 予州 愛媛県
土佐国 とさ 土州 高知県
西海道 筑前国 ちくぜん 筑州 福岡県
筑後国 ちくご 筑州 福岡県
豊前国 ぶぜん 豊州 福岡県、大分県
豊後国 ぶんご 豊州 大分県
肥前国 ひぜん 肥州 佐賀県、長崎県
肥後国 ひご 肥州 熊本県
日向国 ひゅうが 日州、向州 宮崎県
大隅国 おおすみ 隅州 鹿児島県 713年(和銅6年)に日向国より分立。多禰国が702(大宝2年)年に日向国より分立するが、824年(天長元年)に大隅国に併合
薩摩国 さつま 薩州 鹿児島県 702年(大宝2年)に日向国より分立
壱岐国 いき 壱州 長崎県
対馬国 つしま 対州 長崎県

コメント

タイトルとURLをコピーしました