麻生太賀吉

概要

 麻生 太賀吉は、「麻生セメント」の社長など、麻生グループのトップを務めるとともに、吉田茂の側近として政界と財界のパイプ役を務めた実業家です。

名 前麻生 太賀吉 (あそう たかきち)
生没年1911年(明治44年)9月29日~1980年(昭和55年)12月2日
出生地福岡県嘉穂郡飯塚町(現:福岡県飯塚市)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親麻生太吉
母 親麻生夏子
配偶者麻生和子
子 供(長男)麻生太郎、(次男)麻生次郎、(三男)麻生泰、(長女)相馬雪子、(次女)荒船旦子、(三女)寬仁親王妃信子
家 族
備 考

投稿

 麻生 太賀吉に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました