木戸孝允

概要

 木戸 孝允は、幕末には尊王攘夷運動の中心的な一人で、明治新政府では版籍奉還・廃藩置県などに尽力した政治家です。

名 前木戸 孝允
読み方きど たかよし
別 名桂小五郎
生没年1833年8月11日(天保4年6月26日)~1877年(明治10年)5月26日
出身地長門国萩城下呉服町(現:山口県萩市呉服町)
時 代江戸明治
父 親和田昌景、(養父)桂孝古
母 親和田清子
配偶者木戸松子
子 供木戸好子、(養子)桂勝三郎、木戸正二郎、木戸忠太郎、木戸孝正、河瀬英子
備 考

投稿

木戸 孝允に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました