護良親王

概要

 護良親王は、父・後醍醐天皇の討幕運動で挙兵し、建武の新政で征夷大将軍となるが、謀反の罪で流罪・殺害された皇族です。

名 前護良親王 (もりよししんのう)
生没年1308年(延慶元年)~1335年8月12日(建武2年7月23日)
出生地不明
没 地
時 代鎌倉室町
父 親後醍醐天皇
母 親
配偶者
子 供興良親王、陸良親王
家 族
備 考

投稿

 護良親王に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました