大内義隆

概要

 大内 義隆は、大内文化を築き、領土としても大内氏の最盛期を築いたが、陶隆房に謀反を起こされ滅亡した戦国大名です。

名 前大内 義隆 (おおうち よしたか)
生没年1507年12月18日(永正4年11月15日)~1551年9月30日(天文20年9月1日)
出身地周防国大内氏館(現:山口県)
時 代戦国
父 親大内義興
母 親東向殿
配偶者(正室)万里小路貞子、(継室)おさいの方、(側室)内藤興盛の娘、広徳院御新造、生駒夫人、大原氏
子 供珠光、大内義尊、大内義教、大石義胤、(養子)大内晴持、大内義長、尾崎局
家 族
備 考

投稿

 大内 義隆に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました