足利義昭

概要

 足利 義昭は、織田信長に擁され室町幕府第15代将軍となったが、その後、織田信長に反旗を翻した室町幕府最後の将軍です。

名 前足利 義昭 (あしかが よしあき)
別 名(幼名)千歳丸、(別名)足利義秋、(法名)覚慶、昌山道休
生没年1537年12月15日(天文6年11月13日)~1597年10月9日(慶長2年8月28日)
出身地京(現:京都府京都市)
時 代戦国安土
父 親足利義晴
母 親慶寿院
配偶者(正室)なし、(側室)さこの方、小宰相局、一対局、春日局、大蔵卿局、小少将局
子 供足利義尋、一色義喬、永山義在、矢島秀行
家 族
備 考

略年表

 足利 義昭の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1537年(天文6年)1歳生誕
1565年(永禄8年)29歳兄である将軍足利義輝が暗殺され、興福寺に幽閉
1566年(永禄9年)30歳還俗し、義秋と名乗る
1568年(永禄11年)32歳織田信長に擁され上洛し、将軍就任
1573年(元亀4年/天正元年)37歳反信長の兵を挙げるが敗北し、京都追放
1576年(天正4年)40歳毛利家の庇護を受け、鞆幕府樹立
1587年(天正15年)51歳京都帰還
1588年(天正16年)52歳将軍職を辞し、出家
1597年(慶長2年)61歳大坂で病死

投稿

 足利 義昭に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました