北畠親房

概要

 北畠 親房は、後醍醐天皇に仕え、南朝の中心人物として活躍するとともに、『神皇正統記』を著した人物です。

名 前北畠 親房 (きたばたけ ちかふさ)
生没年1293年2月(正応6年1月)~1354年5月10日(正平9年/文和3年4月17日 )
出身地京(現:京都府京都市)
時 代鎌倉室町
父 親北畠師重、(養父)北畠師親
母 親藤原隆重女
配偶者
子 供北畠顕家、北畠顕信、北畠顕能、後村上天皇女御、護良親王室、冷泉持定室
家 族
備 考

投稿

 北畠 親房に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました