大久保利通

スポンサーリンク

概要

 大久保 利通は、明治維新の立役者の一人で、明治政府の基礎づくりを行った政治家・薩摩藩士です。

名 前 大久保 利通
読み方 おおくぼ としみち
別 名 正袈裟(しょうけさ)(幼名)
生没年 1830年9月26日(文政13年8月10日)~1878年(明治11年)5月14日
出身地 薩摩国鹿児島城下高麗町(現:鹿児島県鹿児島市)
時 代 江戸, 明治
備 考

名言

大久保利通による名言・至言です。

唯却て其の変態異物の形式を悪(にく)みて其の精神を滅没(めつもつ)せしむるを恐るヽのみ。

favicon-pencil

地方官会議の設置においての議論での言葉である。民撰議院設立論が高まる中、この地方官会議は役人によって運営されることになっており、批判されていた。
そこで、大久保利通が発したのが、この言葉である。
民主主義がまだ根付いていない日本にあっては、この形式は変則的であるが、その精神を理解して、順序立てて進めていくべきだということである。


参考

favicon-book大隅和雄他「知っておきたい日本の名言・格言事典

投稿

 大久保 利通に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました