島津豊久

概要

 島津 豊久は、島津家久の嫡男で、朝鮮の役・庄内の乱などで軍功を挙げるが、関ヶ原の戦いの島津の退き口で戦死した戦国武将です。

名 前島津 豊久 (しまづ とよひさ)
別 名島津忠豊
生没年1570年7月13日(元亀元年6月11日)~1600年10月21日(慶長5年9月15日)
出身地薩摩国(現:鹿児島県)
時 代安土
父 親島津家久
母 親樺山善久女
配偶者(正室)島津忠長女
子 供
家 族
備 考

投稿

 島津 豊久に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました