木曾義仲

概要

 木曾 義仲は、以仁王の平氏打倒の令旨により挙兵し、平氏を破って入京するが、後白河法皇と不和となり、粟津の戦いで討たれた平安時代末期の武将です。

名 前木曾 義仲 (きそ よしなか)
別 名源義仲
生没年1154年(久寿元年)~1184年3月4日(寿永3年1月20日)
出生地武蔵国大蔵館(現:埼玉県比企郡嵐山町)
没 地近江国粟津(現:滋賀県大津市晴嵐1丁目)
時 代平安
父 親源義賢、(養父)中原兼遠
母 親小枝御前
配偶者(正室)中原兼遠の娘、藤原伊子、(妾)巴御前
子 供源義高、源義重、源義基、源義宗、源頼家
家 族
備 考

投稿

 木曾 義仲に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました