大友宗麟

概要

 大友宗麟は、領土を拡大し最盛期には九州6か国を支配したが、島津家の侵攻の中、豊臣家の一大名となった戦国時代のキリシタン大名です。

名 前大友 宗麟 (おおとも そうりん)
別 名(別名)大友義鎮
性 別男性
生没年1530年1月31日(享禄3年1月3日) ~1587年6月28日(天正15年5月23日)
出生地豊後国府内(現:大分県大分市)
没 地
時 代戦国安土
父 親大友義鑑
母 親坊城氏
配偶者(正室)宝岸寺殿、(継室)奈多夫人、(側室)一萬田夫人 他
子 供大友義統、大友親家、大友親盛、ジェスタ、久我三休室、奈多鎮元室、一萬田鎮実室、母里友信室、臼杵統尚室、桂姫
家 族
備 考

投稿

 大友宗麟に関する投稿です。

トップページ フォーラム 大友宗麟

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました