維新の十傑

概要

 維新の十傑とは、明治維新に尽力した志士のうち、特に優れた10人を指します。

名前出没年出身地概要

さいごう たかもり

西郷 隆盛
1828年~1877年鹿児島県
鹿児島市
大臣藩士軍人教育者
明治維新の立役者の一人で、西南の役を起した薩摩藩士・政治家・軍人

おおくぼ としみち

大久保 利通
1830年~1878年鹿児島県
鹿児島市
大臣藩士
明治維新の立役者の一人で、明治政府の基礎づくりを行った政治家・薩摩藩

こまつ たてわき

小松 帯刀
1835年~1870年鹿児島県
鹿児島市
藩士官僚
薩摩藩家老として藩政改革を行うとともに、薩長同盟・大政奉還などにも携わった人物

おおむら ますじろう

大村 益次郎
1825年~1869年山口県
山口市
軍人藩士医者官僚
長州征討や戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利に導き、明治維新後は兵部省初代大輔として、日本陸軍を創始した人物

きど たかよし

木戸 孝允
1833年~1877年山口県
萩市
大臣官僚藩士
幕末には尊王攘夷運動の中心的な一人で、明治新政府では版籍奉還・廃藩置県などに尽力した政治家

まえばら いっせい

前原 一誠
1834年~1876年山口県
萩市
藩士志士官僚
幕末には維新志士として活動し、明治維新後、「国民皆兵」に反対し下野、萩の乱を起こした人物

ひろさわ さねおみ

広沢 真臣
1834年~1871年山口県
萩市
藩士官僚
維新の十傑の1人で、尊攘運動に参加し、明治政府の発足後には参議なども務めた政治家・長州藩

えとう しんぺい

江藤 新平
1834年~1874年佐賀県
佐賀市
藩士大臣
明治時代に、士族による反乱である佐賀の乱を起した維新志士・政治家

よこい しょうなん

横井 小楠
1809年~1869年熊本県
熊本市
藩士学者
幕末に、松平春嶽の顧問として幕政改革を進めようとした儒学者・藩士

いわくら ともみ

岩倉 具視
1825年~1883年京都府
京都市
大臣公家
王政復古の実現などを行い明治維新を成し遂げ、岩倉使節団での欧米視察など、新政府でも政府の中枢で活動した政治家・公家
タイトルとURLをコピーしました