姉小路頼綱

概要

 姉小路頼綱は、織田信長と同盟し、飛騨を統一するが、織田信長の死後、豊臣秀吉に敵対し、飛騨を追放された戦国大名 です。

名 前姉小路 頼綱 (あねがこうじ よりつな)
別 名(別名)三木自綱
性 別男性
生没年1540年(天文9年)~1587年6月1日(天正15年4月25日)
出生地飛騨国(現:岐阜県)
没 地
時 代戦国安土
父 親姉小路良頼
母 親近衛前嗣の女
配偶者斎藤道三の娘
子 供姉小路信綱、姉小路秀綱、姉小路季綱、三木直綱、小島基頼、三木近綱、遠藤慶隆室、向宣政室
家 族
備 考

投稿

 姉小路頼綱に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました