小早川隆景

スポンサーリンク

概要

 小早川 隆景は、毛利元就の3男で毛利家の発展に尽力した戦国時代の大名・武将です。

名 前 小早川 隆景
読み方 こばやかわ たかかげ
別 名 徳寿丸(幼名)
生没年 1533年(天文2年)~1597年7月26日(慶長2年6月12日)
出身地 安芸吉田郡山城(現:広島県安芸高田市吉田町吉田)
時 代 戦国, 安土
備 考

名言

小早川隆景による名言・至言です。

異見をして見るに直に請合ふ者に、其異見を保つ者なし、異見をする人の詞(ことば)を能く聞きて我心に考へ合点ならぬ所をば、一ト問答も二タ問答もして理に詰りて後尤も請る者は、後ちまで其異見を用ふる者なり

『名将言行録』


我心十分の思慮を尽す故、既に決断しては是も非も我心に在る所の力悉く尽す故、後悔寡し

『名将言行録』

favicon-pencil

黒田官兵衛と話したときの言葉。黒田官兵衛はすごく聡明ですぐに決断するが、後々後悔することある反面、自分は聡明でないが故、人に話を聞いたりして、じっくり考えるので、後悔することは少ないという。


人たる者は不断門には、磔の木ありと心得べし、何事も其所作行跡懈怠あらば、此磔の木に懸るべしと思ひ、油断すること勿れ

『名将言行録』


参考

favicon-book岡谷繁実「名将言行録 (1) (岩波文庫)

投稿

 小早川 隆景に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました