第4次吉田内閣

概要

 第4次吉田内閣は、歴代50代目となる吉田茂を内閣総理大臣とした内閣です。

名 前第4次吉田内閣
読み方だいよんじよしだないかく
期 間1952年(昭和27年)10月30日~1953年(昭和28年)5月21日
時 代昭和
備 考

  吉田茂

国務大臣

役職氏名備考
内閣総理大臣吉田茂
法務大臣犬養健
外務大臣岡崎勝男
大蔵大臣向井忠晴
文部大臣岡野清豪
厚生大臣山縣勝見
農林大臣 昭和27年10月30日~昭和27年12月5日 小笠原三九郎(*)
昭和27年12月5日~昭和28年3月3日 廣川弘禪
昭和28年3月3日~昭和28年5月21日 田子一民
通商産業大臣 昭和27年10月30日~昭和27年11月29日 池田勇人(*)
昭和27年11月29日~昭和27年12月5日 小笠原三九郎(兼)
昭和27年12月5日~昭和28年5月21日 小笠原三九郎
運輸大臣石井光次郎
郵政大臣高瀬荘太郎
労働大臣戸塚九一郎(*)
建設大臣 昭和27年10月30日~昭和28年2月10日 佐藤榮作(*)
昭和28年2月10日~昭和28年5月21日 戸塚九一郎(兼)
行政管理庁長官本多市郎(*)
北海道開発庁長官 昭和27年10月30日~昭和28年2月10日 佐藤榮作(*)
昭和28年2月10日~昭和28年5月21日 戸塚九一郎(兼)
自治庁長官本多市郎(*)
保安庁長官木村篤太郎
経済審議庁長官 昭和27年10月30日~昭和27年11月29日 池田勇人(*)
昭和27年11月29日~昭和28年3月3日 小笠原三九郎(*)
昭和28年3月3日~昭和28年5月21日 水田三喜男
国務大臣緒方竹虎(*)(※)(※)は昭和27年11月28日から
国務大臣大野木秀次郎
国務大臣林屋龜次郎
内閣官房長官 昭和27年10月30日~昭和28年3月24日 緒方竹虎(*)
昭和28年3月24日~昭和28年5月21日 福永健司
法制局長官佐藤達夫
内閣官房副長官 昭和27年10月30日~昭和28年3月23日 菅野義丸
昭和28年3月23日~昭和28年5月21日 田中不破三
内閣官房副長官江口見登留
(注)(兼)は兼任、(事取)は事務取扱を、(※)は組閣当初において、内閣法第9条によりあらかじめ指定された国務大臣(いわゆる副総理)を示しています。また、(*)は同一人が就任期間の全期間又は一定期間に2つ以上の職を担当したことを示します。

[pagemove pre=”第3次吉田内閣” next=”第5次吉田内閣”]

参考

 首相官邸内閣制度と歴代内閣

※他の内閣については「歴代内閣」を参照してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました